RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

気の向くまま

ブログ引越ました.

新しいURLはこちら→http://noja.main.jp/blog/
<< バイク用車載カメラを考える その5:電源編 | main | 山崎蒸溜所に行ってきた。(前編) >>
バイク用車載カメラを考える その6:カメラステー編3
前回作った簡易ステーではやはり、給油のたびに面倒で。
タンクキャップのボルトを使いつつも、給油ができるように、ということで、
GWにツレの所まで遊びに行って、ステーを切ってもらった。
加工してもらったステーと、クッション材各種
タンクのボルト部分でカラーを使ってフローティングさせる構造は前回と同じで、カメラの固定部分を前にオフセットした感じ。
ブッシュ代わりに使う素材として、制震用のゴム板?と、
スポンジと、低反発ウレタンなどを用意。
フローティング部分にはさんで加減を見ることに。
今回、クイックシュー(ベルボンのQRA-3)も仕入れたので、ついでにこれもセット。

取り付けた状態。
取り付けた状態。ステーの素材がステンレスなんで黒い車体だと目立ちまくり。

取り付けた状態2
ハンドルとの距離はこのぐらい。ハンドルを全開まで切っても干渉はしない。ディスクロックの保持位置を変えれば、もっと前に出しても平気か。

ステー横から。浮いてる
雲台を固定するためのボルト頭をかわさないといけないので、ステー全体が
タンクから浮いてます。側面の曲げは板の補強。

カメラを外した状態
クイックシューなのでカメラの着脱は簡単。電源線の一時置き用に、何か欲しい感じか。

カメラがスクリーンよりになったことで、撮影視界も変わったはず。
ということで軽くその辺を走ってテスト。

TV-SHQ+ワイコンでの撮影画像
TV-SHQモード、ワイコン付。
タンクキャップ直上の時と違って、左右がカウルの中に納まっているのでカウル邪魔!という感じは解消されてる。スクリーンの縁は・・・やはりロングスクリーン導入か?

HD-SHQ+ワイコンでの撮影映像
HD-SHQモード、ワイコン付。
メーターも程々に写るし、カウルにさえぎられている部分も少ないので、
かなり広々とした印象。

カメラを前にオフセットした効果は上々。
しかし、フローティング部分より前に重量物があるせいか、どうしても前に倒れ気味になっており、可動部分と重量物の距離が離れているせいで振動は以前より大きめ。
まぁ予想はしていたのだけど。予想通りかー という感じ。

あと、クイックシュー追加で重く、重心が上がったためか、
自由雲台が耐えない。大きな段差を越えると衝撃でカメラお辞儀してしまう。

自由雲台は外す事にするとしても、これ以上の振動対策というと、
やはりダンパー追加とかそういう形になるだろうか。
情報を集めつつ次のステーの検討をするとしよう。
| 車載カメラ | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.noja.main.jp/trackback/1082550