RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

気の向くまま

ブログ引越ました.

新しいURLはこちら→http://noja.main.jp/blog/
<< バイク用車載カメラを考える その10:カメラステー編7 | main | バイク用車載カメラを考える その12:後部カメラステー編1 >>
バイク用車載カメラを考える その11:カメラステー編8
カメラステーVer.6.1
前回の構成でカメラステーの車両側は納得のいくレベルになったので、
今回からはカメラ側の補強ステーを考えていく。

基本構想としてはクイックシュー台座を改造して、
カメラの上部を固定できるアームを作る感じ。
カメラ上部のクランプ方法が肝かと。
市販のL字ブラケットを切断
今までは最初から穴の開いたブラケットを利用してきたが、
都合のいい穴位置のものが無いので今回は単純なL字ステーを用意して切断、
穴あけで行くことにする。

クイックシューも加工
クイックシューもゴムをはがし、ブラケットと干渉する部分を削り取る。
ネジは長さが足りなくなるので、六角ボルトを加工して利用することに。
何故クイックシューが二つあるかというと、後方カメラ用に
同じクイックシューのセットをもう一組入手しているからだったり。
具合のいい吸盤が手に入らないので保留中ですが。

ブラケットに皿もみを、クイックシューにネジを加工
ブラケットとクイックシュー台座の合体は、ブラケットに厚みがあるので
皿もみを施し、クイックシュー側にタップでネジを切って締め付ける事に。
皿もみ用のドリル?やタップダイス類は持ってなかったので今回購入。
使用頻度低いだろうしとりあえず安物で。

ブラケット合体。ピッチがうまく合った
そして合体。六角穴付皿ネジはホームセンターでは見かけないが、
ラジコン用に玩具屋で売ってるのを発見。
最近六角穴付ばかり利用してて、+ネジがめっきり苦手に・・・
六角穴付の感覚で締めすぎるのがいかんのですが。

クイックシュー裏面。ナットはゆるみ止め用
クイックシュー裏面。スペースはあるのでゆるみ止めにナットを追加。

加圧用ブラケットにネジを切っている所
上部の加圧用ブラケットは色々悩みながら加工していたので写真が少ない・・・
これは加圧用ネジを受けるブラケットにネジを切っている所。

加圧用ブラケットの構成
加圧用ブラケットの構成。
手前に見える横向きに生えたネジで、落下防止と固定をして、
奥に見える立て向きのネジを締めることによって加圧する構成。
・・・なのだが、剛性不足もあってこのブラケットではネジをしめていくと
カメラ側が浮いていってしまう・・・orz

加圧用ブラケット、保持型付
カメラ保持用の型を例によってエポキシパテプラ用で製作するも、
浮いていく問題が解消されない。
固定部分がテコでいう支点になっているのが問題なので、支点を外にずらすべく、加圧ネジの部分にスペーサーを噛ませてみた。
結果、加圧力がカメラ側にうまく伝わるようになり、保持力UP.
下のカメラ用ネジ穴で固定しなくてもぐらつかない程の保持力を得られた。

加圧用ブラケットを側面から
スペーサーはとりあえずでナットだったりする。
このままじゃ使い難いのでなんらかの方法で固定するか、別のものに置き換える必要有。

実用レベルと思われる保持力は得られたものの、イマイチカッコ悪い。
パッチン錠とか使えばネジよりも簡単に加圧力が得られるかなーと妄想中。
固定側ブラケットが穴だらけになる前に勝負をかけたい所だが、
今回のようにやってみないと気づかない事って多いからなー。
| 車載カメラ | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.noja.main.jp/trackback/1130441