RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

気の向くまま

ブログ引越ました.

新しいURLはこちら→http://noja.main.jp/blog/
<< 表面処理中 | main | 本宮山登ってみた >>
関刃物祭り 2008 行ってきた
アピセ関の看板
10月第二週の土日は関刃物祭り。ということで今年も出向いてみた。
最近の刃物を使った事件の影響がどう出てるかってのも気になったし。
まずはアウトドアナイフショーから。

アウトドアナイフショー会場内
会場内の賑わいは例年とそう変わりなく。
ただ、大降りの刃物が一切なくなってる。
なんでも事前通達があって、刃渡り150mm以上の刃物は持ち込み禁止なんだとか。
枝払い用の剣鉈を眺めにきたんだけどその類は全滅っぽい。残念。
一箇所気になるブースがあったけど、他を見ないで金が使えるほど予算ないのでとりあえず移動。

デジイチかついで来たことだし、久々に日本刀鍛錬でも見るかなと鍛錬場へ古式日本刀鍛錬を眺めに。
鍛錬場
朝イチの回で30分以上前だってのにそこそこ人がいた。
カメラ準備してる人もちらほら。
シグマ18-200とか、タムロン28-300@フィルムカメラとか。
・・・みんな高倍率ズームっすね。
その横でチマチマレンズ交換しながら写真撮る俺。いいけど。
とりあえずの利便さはあるよなぁ確かに。
俺のアバウトな感覚では湾曲とか収差とか今のところ気にならんし、
余裕があれば一本買って試してみたいが、余裕はないなぁ。

炉部分
炉部分。壁?の向こうにふいごが。

加熱中
しばらくしたら材料の加熱を始めた。
この頃になると周囲に完全に人垣ができて移動もままならない。

更に加熱中
炭追加してさらに過熱。

打ち伸ばし
そして打ち伸ばし。
この辺から左手Xacti,右手デジイチで300mm望遠という無茶をしながらだったり。
つか位置がわるかった。殆ど打ち手で隠れてしまう。

折り返し
更に加熱して、今度は折り返し。

更に鍛錬
さらに鍛錬と。十字に折り返した所で公開作業は終了。
実際の所、素延べして刀剣の形になるところを見たいんだが
こんな外明るくて人が沢山要る所でやることではないんだろうな。

廉売市
廉売市へ。こちらも長モノは自粛なのか見かけない。

廉売市内
長いのは美術刀とか居合い練習刀とかそんなんばっか。
美術刀と比べると居合い練習刀は値段差があるだけあって出来がいい。
まぁ今あの額出すんなら実用品買うな。

武田刃物さんのブース
というわけでアウトドアナイフショーに戻ってきて、
気になった刃物屋さんの前をうろつく俺。

途中で気が付いたのだが、ここの刃物以前買った事があって。
安来鋼で切れ味の長持ちする実用刃物を作ってる所。
今も愛用してる品なんで出来のよさは保証付。

以前と座ってた人が違った気がするが、そのときはどうもお弟子さんだったようだ。今回は当人。
武田松水さん
話もなかなか面白いので作者さんと会話しつつ、
長々と悩んでいたら他にいろいろ人がきて、
挨拶してたり買って行ったりそうでなかったり。

長々居座った結果。右下の柄付アウトドアナイフを購入。
久々に竹細工とかしたいなと。どこで調達すればいいんだろ。
| 雑記 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.noja.main.jp/trackback/1224619