RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

気の向くまま

ブログ引越ました.

新しいURLはこちら→http://noja.main.jp/blog/
<< 気が付いたら | main | 菜の花祭り >>
FRPラジエータシュラウド製作 その10
その幾つだったかと過去ログ読み返してて、このネタの前回の記事が一昨年だったりして吹いた。
そんな忘れられた工作のお話。

アッパーカウルとの継ぎ目。光沢違いすぎw光沢違いすぎ
上が正規のカウル。下がラジエータシュラウド

表面処理もしたし塗装も軽く吹いてみたので、
なくした金具を新造して取り付けてみた。
取り付け自体は問題なく成功。アッパーカウルとの隙間も想定していたぐらいで丁度よさそう。

フロント周り
元が黒いだけあって、遠目にしたら何が違うのかわからなそう。

カウルとラインが一致しない所
導風面積を増やすために、元のカウルラインから外した部分が近づくと
気になる。予定ではカウル側を切っちゃうつもりだったけどどうしようか実際。
そして自作部分の艶の無さ。クリア厚く吹いて研ぎだすっきゃねーよな。

ラジエータとは長さギリギリ
裏側はラジエータと面イチで切ったのでこんな感じ。
立体的なカウルのラインと比べるとすとんと落としすぎたか。
立体的に仕上げるってのもデザインを考える時点で俺には荷が重いわー


このまま付けちゃうのは質感の差が悲しいので、
一端取り外して塗装行程に差し戻し。
じっくり磨いていきますか。
| FRP工作 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.noja.main.jp/trackback/1295751